【スポンサーリンク】

“ビッグモンスター” シャキール・オニール

歴代センタープレイヤーの中でも、特に強烈なインパクトを残したのがシャックことシャキール・オニールだ。

派手なパフォーマンスでNBAを盛り上げたプレイヤーのひとりである。
ダンクでバックボードを破壊するなど、そのパワーは圧倒的だったといえるだろう。

NBAでのルーキーシーズンをオーランド・マジックで迎えたシャック。
ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど、華々しいデビューを果たした。

そして“ペニー”ことアンファニー・ハーダウェイがマジックに加入し、シャックとペニーのホットラインが形成される。

S・オニール ハイライトムービー

後にレイカーズへと移籍したシャックは、現在もトッププレイヤーとして活躍しているコービー・ブライアントらとともに、スリーピートを達成。

シャックは3年連続ファイナルMVPを獲得した。

ちなみに、レイカーズで初めてチャンピオンリングを手にした1999-2000シーズンは、レギュラーシーズン、オールスターゲーム、NBAファイナルすべててMVPに選出。

輝かしい実績を残してきたシャックの背番号「34」は、レイカーズで永久欠番となっている。

現在はNBA解説者として活躍中だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA