【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー、2試合で90得点を記録

ニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーが4月3日の対マイアミヒート戦、4月4日の対アトランタ・ホークス戦で合計90得点を記録した。

特に派手なプレイではないように感じるが、間違いなく“ゾーン”に入ったいたのだろう。
華麗なダブルクラッチや派手なダンクはあまりみせず、ドリブルからのクイックショットがほとんどだ。

メロのコンパクトなフォーム、そして一歩目のクイックネスがそれを可能にしている。
腰を落とした状態でパスをもらうという基本中の基本がしっかりしているのも、得点を量産できる理由のひとつだろう。

50得点を記録した対ヒート戦
40得点を記録した対ホークス戦

昨夏に行われたロンドン・オリンピックでも手をつけられないような試合もあった。

ただ、ディフェンスに難ありと評価されているため、チャンピオンリングを獲得するためにはディフェンス力の強化も必要ではないだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA