【スポンサーリンク】

ゲイリー・ペイトンが殿堂入り

NBAで一時代を築いたポイントガード、ゲイリー・ペイトンが殿堂入りを果たした。

ペイトンといえば、類まれなディフェンス能力で有名だ。
オールディフェンシブ・ファーストチームにも9年連続で選出されている。

この連続記録を達成しているのは、ゲイリー・ペイトン、マイケル・ジョーダン、コービー・ブライアント、ケビン・ガーネットの4選手のみ。

当時のポイントガードは積極的に点を取りにいくのではなく、ゲームメイクを中心的な役割としていた。

そのような中でも、ペイトンは得点力でもチームを牽引していたといえるだろう。
トラッシュトーカーでもあったが。

ペイトンのほか、ショーン・ケンプやデトレフ・シュレンプ要するシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)は、プレイオフ・ファイナル進出を果たす。

だが、ファイナルの対戦チームはジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマン率いるシカゴ・ブルズ。

結局ファイナルでブルズに敗れ、ペイトンは夢を叶えることなくそのシーズンを終えた。

ソニックス時代のG・ペイトン ハイライト

後にコービー・ブライアント率いるロサンゼルス・レイカーズに移籍するペイトンだが、ここでもチャンピオンリングを手にすることができず、以降はボストン・セルティックスなどチームを渡り歩く。

そして、マイアミ・ヒートへ。

当時のヒートにはドウェイン・ウェイドが加入し、さらにキャリア終盤に差し掛かったシャキール・オニールも加わったことで、一気に強豪チームへと生まれ変わっていた。

そこにペイトンが加わり、2006年には念願のNBAチャンピオンに輝く。

G・ペイトン ハイライトムービー

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA