ラシード・ウォーレス、現役引退を表明

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスで現役復帰を果たしたものの、シーズン終盤には怪我に悩まされたラシード・ウォーレスが現引退を表明した。

サイズがありながらもアウトサイドシュートの技術に優れていたウォーレスだが、「歩くテクニカルファール」という呼び名もあるほど、テクニカルファールが多かった選手。

1シーズン中のテクニカルファウル数、退場回数でNBA記録を樹立している。

R・ウォーレス ハイライト

また、ウォーレスといえば「Ball don’t lie(ボールは嘘つかない)」というセリフが有名だ。

ファウルに納得できないときには「Ball don’t lie」と叫び、時には退場させられていた。

R・ウォーレスの「Ball don’t lie」

ちなみに、ウィキペディアには、

「頭のてっぺんにはげているようにみえる部分があるが、これは白髪がかたまってしまっているとのこと。このことをからかわれることを非常に嫌う。」

と記載されていた。

NBA名物となっていたプレイヤーの引退は、やはりさみしいものだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA