JR・スミスがシックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞

【スポンサーリンク】

2012-13シーズンのシックスマン・オブ・ザ・イヤーに、ニューヨーク・ニックスのJR・スミスが選出された。

ニックスには2012-13シーズンの得点王に輝いたカーメロ・アンソニーも所属しているが、スミスとメロの2枚看板は強烈なオフェンスを見せつけている。

メロが怪我で出場できない際にはスミスがチームを牽引し、試合を決める見事なブザービーターも演出していた。

2012-13シーズンのスミスはレギュラーシーズン平均18.1得点(ベンチスタートとしてリーグトップ)を記録。
全試合ベンチスタートだったことを考慮すると、驚異的な平均得点だといえるだろう。

JR・スミス 2012-13シーズンのTOP10プレイ

2011年はロックアウトの影響を受け、中国リーグの浙江ゴールデンブルでプレイしていたスミスだが、2012年にニューヨーク・ニックスでNBA復帰した。

ちなみに、シックスマン・オブ・ザ・イヤーにはスミスに次ぎ、ジャマール・クロフォード(ロサンゼルス・クリッパーズ)、ジャレット・ジャック(ゴールデンステート・ウォリアーズ)が選出されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA