ダミアン・リラード、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出

【スポンサーリンク】

2012-13シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーに、ポートランド・トレイルブレイザーズのダミアン・リラードが選出された。

今季、ルーキートップとなる1試合平均19得点を記録したリラードは、満場一致でルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出。

これまで満場一致で選出されたのは、ブレイク・グリフィン、デイビッド・ロビンソン、ラルフ・サンプソンのみだ。

今季のリラードは、ブレイザーズを牽引するプレイヤーに成長した。

勝利をもたらすショットを幾度となく決めてみせ、ブレイザーズにとっては欠かすことのできない選手となっている。

D・リラード ハイライトムービー

2010-11シーズンまで、ブレイザーズにはブランドン・ロイ、アンドレ・ミラーといった優秀なPGが在籍していた。

しかし、ブランドン・ロイが怪我により現役引退(2012-13シーズンははミネソタ・ティンバーウルブズで復帰)、そしてアンドレ・ミラーがデンバー・ナゲッツに移籍したことにより、PGに弱点を抱えていたのは否めない。

そんな中、リラードの加入はブレイザーズにとって非常に意義のあるものだろう。

デビュー戦ではロサンゼルス・レイカーズ相手に23得点、11アシストを記録し、鮮烈なデビューを飾ったリラード。

シーズンで185本もの3Pを成功させ、ステフェン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が持っていたルーキー記録を更新した。

D・リラード 2012-13TOP10プレイ

昨季のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したカイリー・アービング(クリーヴランド・キャバリアーズ)は今季、怪我に悩まされるシーズンとなってしまった。

リラードは大学時代に怪我に苦しんだ経験があるため、対処方法についてはしっかり学んでいるだろう。

NBAに現れた新星から来季も目が離せない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA