ブレイク・グリフィン 2012-13TOP10プレイ

【スポンサーリンク】

ブレイク・グリフィンは、NBAを代表するスラムダンカーに成長を遂げた。
特にクリス・ポールとともにプレイするようになってからは、まさに水を得た魚のような活躍ぶりだ。

まだ23歳と若いグリフィンだが、NBA入り直後のシーズンは怪我で全休という不運に見舞われた。

試合デビューを果たしたのは、2010-11シーズン。
もともと前評判の高かったグリフィンは、圧倒的な身体能力をいかし、次々にモンスタージャムを量産する。

しかし、どんなに活躍しても試合に勝てない。

チームの首脳陣も頭を悩ませたことだろう。

しかし、NBAナンバー1ポイントガードの呼び声高いCP3、そして経験豊富なチャウンシー・ビラップスが加入すると、チームは躍進。
グリフィンを中心に繰り広げられる豪快なダンクショーは、まさに“ロブシティ”と呼べるものだ。

B・グリフィン 2012-13TOP10プレイ

2012-13シーズンのクリッパーズは、プレイオフ・ファーストラウンドでメンフィス・グリズリーズの前に屈した。

ファーストラウンド第5戦、第6戦では右足首の捻挫をおして出場したグリフィンだが、本来のプレイをみせることはできず、彼にとっては不本意な終わり方だったのではないだろうか。

2013-14シーズンも、CP3とともにNBAファンを魅了してもらいたい。

B・グリフィン ハイライトムービー

ブレイク・グリフィン 2012-13シーズンスタッツ
  • 平均18得点(リーグ19位)
  • 平均8.3リバウンド(同19位)
  • FG成功率53.8%(同13位)
  • ダブルダブル28回(同20位)
  • トリプルダブル1回(同10位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA