【スポンサーリンク】

通算4割超え3Pシューター デル・カリー

2012-13シーズンのプレイオフでは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが大ブレイクした。

NBA入りした当初から非凡な才能をみせていたS・カリーだが、今回はその父親で元NBAプレイヤーとして活躍したデル・カリーを取り上げてみたいと思う。

1986年にユタ・ジャズでNBAデビューを果たしたD・カリーだが、実はルーキーシーズンの3P成功率はわずか28.3%。

シュートアテンプト自体が少なかったとはいえ、デビューから5シーズンは特に目立った成績を残せずにいた。

そんな彼の3Pが開花したのは、シャーロット・ホーネッツ(当時)に在籍した1991-92シーズン。

3P成功率はついに40%を超え、FG成功率は48.6%を記録。

ミルウォーキー・バックスに移籍した1998-99シーズンには3P成功率47.6%を記録している。

D・カリーは、スピードやディフェンス力などに優れていたわけではない。

自身もそれを理解していたのだろう。

とにかくシュートに磨きをかけ、シューターとしての地位を確立。

1993-94シーズンにはシックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

2001-02シーズン、トロント・ラプターズを最後に現役を引退したが、その才能は息子のステフィン・カリーが継承。

さらに、今年のドラフトでは弟のセス・カリーがエントリーする。

兄・ステフィンにも劣らない能力を有しているといわれるだけに、NBAという大舞台での兄弟対決が楽しみだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA