【スポンサーリンク】

2012-13シーズン クラッチタイム得点ランキング【1位~3位】

今回は2012-13レギュラーシーズンのクラッチタイム(ラスト5分)得点ランキング1位~3位を振り返ってみたいと思う。

第1位 クリス・ポール(LAC)

プレイオフでも勝負強さを発揮。

今夏にはFAとなるが、来季の所属チームはまだ決まっていない。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均4.4得点
  • 平均出場時間4.1分
  • 平均0.6アシスト
  • FG成功率49.2%
  • プレイ効果率+0.1

第2位 ケビン・デュラント(OKC)

サンダーで不動のエースとして活躍。

来季は悲願のチャンピオンリング獲得を目指す。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均4.2得点
  • 平均出場時間3.9分
  • FG成功率39.2%
  • 3P成功率35.7%
  • プレイ効果率+1.1

第3位 カイリー・アービング(CLE)

シーズン2年目を終了したカイリー・アービング。

不調が続くチームを変貌させられるか注目されている。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均4.1得点
  • 平均出場時間3.7分
  • FG成功率46.7%
  • 3P成功率30.0%
  • プレイ効果率-0.6

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA