レイカーズ、2013-14シーズンで復権なるか?

【スポンサーリンク】

昨年のオフ、ロサンゼルス・レイカーズはNo.1センターの呼び声高いドワイト・ハワード、そしてリーグを代表するポイントガードのスティーブ・ナッシュを獲得したことで世間を驚かせた。

しかし、主力陣に怪我が相次ぎ、ケミストリーを発揮できずにプレイオフにもギリギリで進出。
レギュラーシーズン最終盤にはエースのコービー・ブライアントがアキレス腱を断裂するなど、レイカーズにとっては散々たる一年だったといえるだろう。

今オフ、ハワードはヒューストン・ロケッツへ、スターターのメッタ・ワールドピースはニックスへ、控えのアントワン・ジェイミソンも移籍が噂されている。

レイカーズ 2012-13ハイライトムービー

 

2013-14シーズンのスターターは、ナッシュ、ブライアント、ニック・ヤング、パウ・ガソル、クリス・ケイマンが見込まれているものの、ナッシュは39歳、ブライアントは8月23日で35歳、ガソルは33歳、ケイマンは31歳と高齢化が進んでいる点に不安が残るところだ。

さらに、バックアップメンバーにスコアラーがいないということも、改善しなければならないだろう。

また、高齢化が進むチームでトランジションゲームを展開するマイク・ダントーニHCの采配にも、いささか疑問が残る。

このスターターがどのようなケミストリーを見せてくれるのか、それは実際に試合をしなければわからない。

ただ、レイカーズは常に勝利を求められるチームのひとつであり、2013-14シーズンも期待するような結果を出すことができなければ、レイカーズファンから容赦なく叩かれることになるはずだ。

レイカーズ 2012-13TOP10プレイ
2012-13 チームスタッツ
  • 平均102.2得点(リーグ6位)
  • 平均44.8リバウンド(同4位)
  • 平均22.2アシスト(同17位)
  • FG成功率45.8%
  • 3P成功率35.5%
  • ホーム勝率70.7%(29勝12敗)
  • ロード勝率39.0%(16勝25敗)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA