躍進を狙うウォリアーズ

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、昨シーズンを迎えるまで苦しい時を過ごしていた。

2006-07シーズンにプレイオフ進出を果たして以降、3~4割の勝率に終わっていたのだ。

そして2012-13シーズン、ようやく勝率5割に復帰し、プレイオフ進出を果たしたウォリアーズは、目を疑うような素晴らしいプレイを披露した。

強豪サンアントニオ・スパーズの前に屈したものの、驚異の粘りで観客を驚かせたのは記憶に新しい。

ウォリアーズのCEO、ジョー・レイコブ氏は、新シーズンを迎えるチームについて以下のようにコメントしている。

「私は楽観視している。我々は勝てるチームになったんだ」

ウォリアーズ 2012-13TOP20プレイ①

 

ステフェン・カリーやクレイ・トンプソンなどバックコート陣が注目されがちなウォリアーズだが、フロントコート陣にも要注目だ。

昨季は怪我に悩まされたアンドリュー・ボガットは、プレイオフでは70%のプレイしかできなかったが、現在は100%の状態にあると宣言。

そして、ビッグマンのバックアップにはベテランのジャーメイン・オニールも控えている。

もちろん、デイビッド・リーからも目が離せない。

さらにオールスタープレイヤーのアンドレ・イグダーラが加わったウォリアーズは、非常に危険なチームになりつつあるといえるだろう。

ウォリアーズ 2012-13TOP20プレイ②

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA