カイリー・アービング 「レブロンのようにクリーヴランドを出て行きたくない」

【PR】

クリーヴランド・キャバリアーズのファンにとって、2010年はまさに悲嘆に暮れる年だったといえるだろう。

2010年、当時キャブスでプレイしていた“キング”ことレブロン・ジェイムスが、マイアミ・ヒートへ電撃移籍。
ジェイムスの移籍はキャブスファンのみならず、NBA全体を揺るがす出来事となった。

以来、ジェイムスはスポーツ界(選手、コーチなどを含む)で最も嫌いな人間として名を連ねるようになり、現在でもアンチ・レブロンは多い。

L・ジェイムス 2012-13TOP10プレイ

そして2011年、キャブスはドラフト1位指名でカイリー・アービングを獲得。
アービングは1年目から期待に違わぬ活躍をみせ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

すでにキャブスだけでなく、リーグを代表するスタープレイヤーに変貌したアービングだが、キャブスファンはジェイムスの悪夢が頭から離れないようだ。

先日開催されたコミュニティ・イベントで、ファンからクリーヴランド残留について質問されたアービングは、
「レブロンのようにクリーヴランドを出て行くことはないよ」
とコメント。

実際のところ、キャブスを100%キャブスを出て行かないとは限らないが、キャブスファンは一安心といったところだろう。

K・アービング 2012-13TOP10プレイ
レブロン・ジェイムス 2012-13シーズンスタッツ
  • 平均26.8得点(リーグ4位)
  • 平均7.3アシスト(同10位)
  • 平均8.0リバウンド(同21位)
  • 平均1.7スティール(同12位)
  • 平均0.88ブロック(同40位)
  • FG成功率56.5%(同5位)
  • 3P成功率40.6%(同27)
  • ダブルダブル36回(同11位)
  • トリプルダブル4回(同2位)
カイリー・アービング 2012-13シーズンスタッツ
  • 平均22.5得点
  • 平均5.9アシスト
  • 平均3.7リバウンド
  • FG成功率45.2%
  • 3P成功率39.1%(リーグ36位)
  • FT成功率85.5%(同16位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】