ロサンゼルス・レイカーズvsヒューストン・ロケッツ 11月8日結果

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズvsマイアミ・ヒート 11月7日結果

日本時間11月8日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対ヒューストン・ロケッツ戦は、アウェイのレイカーズが99-98で勝利した。

第1Q、レイカーズはスティーブ・ブレイクの3P3本などで流れを掴み、36-19の17点差をつける。
だが、徐々にペースを掴み始めたロケッツが、エースのジェイムス・ハーデンを起点に攻勢を開始。
第4Q序盤にはとうとう同点に追いつき、試合を振り出しに戻した。

残り3分52秒の時点で2点のリードを奪っていたロケッツだが、レイカーズは禁断の“ハック・ア・ハワード”を決行。
これが功を奏し、ホークスに5点リードされていたレイカーズは、残り1分46秒にジョディ・ミークスの3Pで2点差まで追い上げる。

その後、ジェレミー・リン、ハーデン、ハワードと立て続けにシュートを落とし、残り10.9秒にレイカーズがタイムアウト。
だが、タイムアウト明けのプレイがうまくいかず、残り3.4秒に再びタイムアウトを要求。

コービー・ブライアント不在の中、最後にボールを託されたのは、第1Qで3本の3Pを決めていたスティーブ・ブレイクだった。
スティーブ・ナッシュ、パウ・ガソルのダブルスクリーンを生かし、インバウンドパスを受け取ったブレイクが起死回生の3Pを沈め、勝負あり。

レイカーズのマイク・ダントーニHCはロケッツへ移籍したハワードについて、
「彼は彼の決断をしたまでだよ。彼はうまくやってるみたいだし、ロケッツは強いチームだから。彼がロケッツへ去ってみんなハッピーさ。だって今日の試合は我々が勝ったからね」
と嫌味ともとれるコメントを出している。

S・ブレイクの逆転3P

一方のロケッツだが、最後の場面でディフェンスの連携がとれておらず、ブレイクへのカバーが遅れてしまったことが最大の敗因だろう。
奇しくもブレイクのカバーへ遅れて走ったのは、移籍したハワードだ。

ハワードは試合後、
「悔しいよ。誰だって負けるのなんてイヤだろ?」
と話し、会場を後にした。

レイカーズvsロケッツ ハイライト

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ロサンゼルス・レイカーズ 36 28 17 18 99
ヒューストン・ロケッツ 19 31 27 21 98

ロサンゼルス・レイカーズ スタッツ

先発メンバー

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    言いたいことは凄くあるのですがとりあえず二言。

    ジョンソンは良いプレイヤーですよ、ガッツがあってオフェンスリバウンドにもよく絡んでる。
    ロケッツはオフェンスはいいんですが、ディフェンスに長けたウイングが少なすぎる。リンのディフェンスもまだまだまだ甘い。キリレンコかプリンスがいればなあ、と感じます。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^O^)
      ジョンソン、確かに良いですねー!怪我したときはどうなることかと思いましたが(^^;)
      とりあえずシーズンに間に合って良かった!

      リン、確かにディフェンスに課題ありですね。
      最後のシーンはナッシュがもろにリンを捕まえてたみたいですが笑

      HCはリンよりビバリー好みっぽいですよねー。

      • By 名無し

        スクリーン(抱きしめる)

        世界平和じゃないんだからああいうのはどうなんでしょうか?ばれなきゃいいんでしょうかね?

*

CAPTCHA