フリースローに悩むドワイト・ハワード

【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード

ドワイト・ハワードのフリースローは、ヒューストン・ロケッツにとって致命的といっても良いかもしれない。

拮抗した試合では、ハワードの肩に責任が重くのしかかる。
なぜなら、多くの対戦チームが“ハック・ア・ハワード”を仕掛けてくるからだ。

ジェイムス・ハーデンとともにロケッツのアキレス腱とされるハワードだが、日々フリースローの練習に取り組んでいる模様。

「練習のときは何も考えずにフリースローを打ててるし、入るんだよ。でも試合となると勝手が違う。ミスしたらどうしようって考えてしまうんだ。もしミスしたら、また周りからいろいろ言われるしね」

ハワードのFT成功率が上がってくれば、ロケッツはこれまで以上に危険な存在になり得る。

そのために練習を続けるハワードだが、努力が結果として実を結ぶ日が来るのか。

それはロケッツがチャンピオンリングを手にしたときなのかもしれない。

フリースロー練習に取り組むD・ハワード

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA