カイリー・アービングにパッシングゲームを求めるキャブス

【スポンサーリンク】

カイリー・アービング

ルーキー・オブ・ザ・イヤーの受賞やオールスターへの選出など、クリーヴランド・キャバリアーズのカイリー・アービングはNBAを代表する選手へと成長してきている。

ただ、キャブスはアービングにまだまだ改善の余地があると考えているようだ。

開幕後9試合を消化した時点で、キャブスは3勝6敗、イースタン・カンファレンス11位に位置している。

キャブスほどのポテンシャルを持ったチームなら、もっと上の順位に位置していてもおかしくないだろう。

この9試合、キャブスはアービングのボールさばきに満足していない。

アービングがセルフィッシュというわけではないが、オープンのチームメイトにパスをさばけていないと見ている。

勝負がかかった場面ではアービングに託すものの、やはりゲーム途中ではもっとクリエイティブにプレイし、チームメイトへパスを回すことが必要だ。

今後キャブスが浮上するためには、アービングのさらなる成長が必須条件といっても過言ではないだろう。

K・アービング ハイライト

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA