ロサンゼルス・クリッパーズvsミネソタ・ティンバーウルブズ 11月21日結果

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズvsミネソタ・ティンバーウルブズ 11月21日結果

日本時間11月21日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ対ミネソタ・ティンバーウルブズ戦は、102-98でアウェイのクリッパーズが勝利した。

好調な出だしを切ったクリッパーズだが、ホームのウルブズも徐々に詰め寄り、前半を同点で折り返す。
後半でもクリッパーズが突き放そうとすると、すぐにウルブスに追い上げられるという大接戦に。

第4Q残り4分にはケビン・マーティンに3Pを決められ、1点差まで詰め寄られるものの、ここから爆発したのがクリス・ポールだ。
残り3分41秒に決めた3Pプレイ皮切りに、連続13得点を記録。
しつこく粘るウルブズを尻目に、最後はJJ・レディックのフリースローで止めを刺した。

20得点、11アシストを挙げたポールは、これで開幕以来12連続でダブルダブルを記録し、マジック・ジョンソンが1990-91シーズンに記録した11連続を上回った。

偉大な記録を達成したポールは、
「すごいことだよね。マジックは俺の憧れてる一人なんだ。彼のプレイは本当にすごかった。だから彼と比べられることはすごいことだと思うし、光栄だよ」
とコメント。

第4Qでの爆発的な活躍については、
「ボールがネットをくぐると気持ち良いよね。第4Qは勝敗を分ける大事な時間だし、激しい戦いになる。でも俺と(ブレイク・)グリフィンがリーダーとしてチームを引っ張ってるんだ。俺たちはみんな勝負の時間帯を知ってるのさ」
と振り返っている。

一方、惜しくも敗れたウルブズは、エースのケビン・ラブがFG14本中2本を含む10得点と絶不調。
マーティンが28得点、10リバウンドのダブルダブルを記録するも、痛い敗戦となった。

ポールの活躍についてマーティンは、
「彼はスーパースターだし、NBAでもベストのポイントガードだよ。俺たちは彼を止めようとしたんだけど、できなかった」
と称えつつ、悔しさを滲ませていた。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ロサンゼルス・クリッパーズ 24 22 25 31 102
ミネソタ・ティンバーウルブズ 24 22 21 31 98

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー

ミネソタ・ティンバーウルブズ スタッツ

先発メンバー
クリッパーズvsウルブズ

C・ポール ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA