ロサンゼルス・レイカーズvsブルックリン・ネッツ 11月28日結果

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズvsブルックリン・ネッツ 11月28日結果

日本時間11月28日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対ブルックリン・ネッツ戦は、99-94でアウェイのレイカーズが勝利した。

序盤で主導権を握ったのはレイカーズ。
ウェズリー・ジョンソンのダンク、激しいチームディフェンスからのスティールなどで猛攻を仕掛け、第1Qだけで16点ものリードを奪う。

だが々に点差を詰められ、第4Q残り4分25秒からミルザ・テレトビッチの3P、さらにフリースロー1本でついに同点に追いつかれた。

その後約2分半もの間、両チームとも得点することができなかったが、残り1分33秒にウェズリー・ジョンソンが豪快なダンクを見舞うと、ケビン・ガーネット、ポール・ピアースのシュートミスにも助けられ、レイカーズが辛くも勝利。
この日の勝利でレイカーズは勝率を5割に戻した。

かつてネッツでプレイし、この試合で15得点、2スティール、2ブロックショットを挙げたジョーダン・ファーマーは、
「うまくプレイできたよ。ボールを回せてたし、ショットのタッチも良かった。彼ら(ネッツ)に爆発力があることは知ってたんだけどね。油断してたら彼らのペースにはまってたよ」
と振り返っている。

一方、先日の対トロント・ラプターズ戦でようやく連敗を脱出したネッツだが、連勝はならず。

同点となる3Pをミスしたピアースは、
「ショットが決まらないときはイライラするよ。でも82試合あるから、入るようになるさ」
とコメント。

終盤にピアースのパスがスティールされたシーンについて、チームハイの18得点を挙げたジョー・ジョンソンは、
「彼(ウェズリー・ジョンソン)が俺の位置を見ていることはわかってたさ。でも俺は彼を見てなかった。だからスティールされたんだよ。彼のギャンブルが成功したんだ」
と後悔の表情を浮かべなから話した。

試合終盤、ベンチに戻るタイショーン・テイラーとジェイソン・キッドHCがぶつかり、キッドHCが持っていたソーダが溢れるというハプニングが起こった。

これがネッツ崩壊の象徴とならなければ良いのだが。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ロサンゼルス・レイカーズ 34 20 23 22 99
ブルックリン・ネッツ 18 22 28 26 94

ロサンゼルス・レイカーズ スタッツ

先発メンバー

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー
ソーダをこぼしたキッドHC

レイカーズvsネッツ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA