ゴールデンステイト・ウォリアーズvsオクラホマシティ・サンダー 11月30日結果

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズvsオクラホマシティ・サンダー 11月30日結果

日本時間11月30日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対オクラホマシティ・サンダー戦は、112-113でホームのサンダーが勝利した。

オーバータイムまでもつれ込む大熱戦となったこの試合、ウォリアーズに引導を渡したのは半月板損傷の重傷から復帰を遂げたラッセル・ウェストブルックだ。

オーバータイム残り19.1秒、ウォリアーズに2点のリードを許していたサンダーは、逆転を賭けたショットをエースのケビン・デュラントに託す。
だが、デュラントはフローターをミス。
アウト・オブ・バウンズで再びサンダーのポゼッションとなり、インバウンドパスを受けたデュラントはオープンのサージ・イバカへボールを回す。
ほぼオープンの状態で放ったイバカのジャンパーは惜しくもリングに嫌われるも、タボ・セフォローシャがルーズボールをコート内に投げ入れ、これを受けたウェストブルックがターン・アラウンドからのタフな3Pを沈めて逆転勝利を手にした。

前回の対戦では、アンドレ・イグダーラに逆転ショットを決められていたサンダーだが、この試合で雪辱を果たす形に。

ゲームハイの34得点、7アシスト、5スティールを挙げ、チームを窮地から救ったウェストブルックは、
「同点にするつもりはなかったんだ。前回の対戦ではウォリアーズにしてやられたけどね」
とコメント。

25得点、13リバウンド、5アシスト、2ブロックショットを記録したデュラントは、
「楽しかったね。彼(ウェストブルックには)に興奮させてもらったよ。この時を待ってたんだ。彼はあのショットで自信を取り戻せたと思う。だから、この試合で勝てたのは大きいよ。本当におもしろい試合だった」
と、相棒の復活を喜んだ。

一方、惜しくも敗れたウォリアーズだが、32得点、11リバウンド、5アシストを記録したステフェン・カリーは、
「彼ら(サンダー)に幸運が転がっていったね。俺たちは勝利に値するプレイをしてたと思うけど、最後の最後にあのようなことが起こってしまったんだ。ああいうプレイで決められるとフラストレーションを感じるよ」
と悔しさを滲ませていた。

1Q 2Q 3Q 4Q OT TOTAL
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 28 23 31 22 8 112
オクラホマシティ・サンダー 32 22 22 28 9 113

ゴールデンステイト・ウォリアーズ スタッツ

先発メンバー

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー
ウォリアーズvsサンダー ハイライト動画

R・ウェストブルックの逆転3P

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA