カイリー・アービング 「これからがスタート」

【スポンサーリンク】

カイリー・アービング

今季も低迷を続けているクリーヴランド・キャバリアーズだが、日本時間11月30日の対ボストン・セルティックス戦でも86-103で大敗を喫した。

キャブスのエース、カイリー・アービングは、なかなか波に乗れないチームの現状にもがいているようだ。

セルティックスに敗れた後、オールスターポイントガードがインタービューに応じた。

「全部俺の責任だよ。俺はこのチームのエースなんだ。もっとうまくプレイしなきゃ。コートの中でも外でもチームを引っ張っていかないとね。もっと俺自身のプレイをレベルアップさせる必要もある。でも、徐々に良くなってきてると思うよ」

「ここからが俺にとってのスタートなんだ。もっと良いプレイをしてみせるさ」

そう語るアービングだが、一部ではフロントとの確執が噂されている。

さらに、先日行われたチームミーティングでは、戦術を巡ってディオン・ウェイターズとトリスタン・トンプソンが喧嘩にまで発展する騒ぎになったようだ。

挙句の果てにはウェイターズがチームの起用法に不満をもらし、トレードの噂まで出る始末。

早めに対処しなければチーム崩壊の恐れも否めない。

チームをこの窮地から救うのは、やはりアービングをおいて他にいないだろう。

まずは勝利を積み重ねることが先決だ。

K・アービング ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA