【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー 「負けるためにプレイしてる」

カーメロ・アンソニー

日本時間12月2日の対ニューオーリンズ・ペリカンズ戦、ニューヨーク・ニックスは103-99で敗れた。

ニックスは2006年以来となる9連敗。
ホームゲームでもすでに7敗を喫している。
ホームでの連敗記録はニックスのフランチャイズ史上ワーストとなり、まさに出口のない迷宮をさまよっている状態だ。

かねてより打開策を見つけなければならないと話しているカーメロ・アンソニーだが、このフランチャイズ史上ワーストの連敗記録を受け、戦意を喪失しつつある。

「勝つためじゃなく、負けるためにゲームをしてるんだと思う。ホームでもロードでも負け続けてるしね」

「チームとして何をすれば良いのかもう分からないよ。チーム全員で何時間も座って話したって解決策が見つからないんだ。でも何かしなくちゃいけないのはわかってる」

ペリカンズ戦ではチームハイの得点とリバウンド(23得点、10リバウンド)を挙げたアンソニーは、連敗から抜け出せずに混乱状態にある。

先日、レイモンド・フェルトンは連敗脱出の光が見えたと話していたが、その直後に敗戦。

シックスマンのJR・スミスも膝の状態が思わしくないようで、ショットの調子が悪いのは膝に痛みがあるからと話していた。

これほどまでに連敗が続くと、コートサイドのスパイク・リーも黙っていないだろう。

次戦は12月8日、ライバルのブルックリン・ネッツと対決する。

ニューヨークのフランチャイズとしての顔であり続けるためにも、ネッツには勝利しておきたいところだ。

C・アンソニー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA