【スポンサーリンク】

オーランド・マジックvsフィラデルフィア・セブンティシクサーズ 12月4日結果

オーランド・マジックvsフィラデルフィア・セブンティシクサーズ 12月4日結果

日本時間12月4日に行われたオーランド・マジック対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦は、125-127でホームのシクサーズが勝利した。

第3オーバータイムまでもつれる激戦となったこの試合だが、歴史的な夜になったと言っても良いだろう。
NBAの長い歴史上、同じ試合で2人のルーキーがトリプルダブルを記録したことはない。
この歴史を塗り替えたのが、シクサーズのルーキー、マイケル・カーター=ウィリアムスとマジックのルーキー、ビクター・オラディポだ。

早くも先発に定着しているカーター=ウィリアムスは、27得点、12リバウンド、10アシストを記録。さらに3スティールを加える見事なパフォーマンスを見せた。

一方、負傷欠場中のジャミーア・ネルソンに代わって先発したオラディポは、26得点、10リバウンド、10アシストを記録。さらに、カーター=ウィリアムスと同じ3スティールを挙げ、ルーキーらしからぬプレイを続けている。

23回ものリードチェンジを繰り返す激戦となったこの試合、粘るマジックに引導を渡したのはカーター=ウィリアムスだ。
第2OT残り2分32秒、カーター=ウィリアムスのレイアップでリードを3点に広げると、残り1分1秒にはタディアス・ヤングのランニングジャンパーをアシスト。
残り12秒にはアンドリュー・ニコルソンの2Pで追いすがられるも、ジェイムス・アンダーソンがフリースロー1本を沈め、4点のリードを奪う。
最後にはアーロン・アフラロに3Pを許してしまうが、アンダーソンのフリースロー1本が効き、シクサーズが辛くも逃げ切った。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー候補にも挙げられているカーター・ウィリアムスは、
「俺とオラディポの戦いじゃないよ。シクサーズとオーランドの戦いなんだ。俺はただ勝ちたかっただけさ」
とコメント。

24得点を挙げたエバン・ターナーは、
「俺らが勝利を手にしたんだ。これは大きいね。どっちも若いチームだし、ものすごく良い経験になったよ」
と試合を振り返っている。

一方、惜しくも敗れたマジックだが、これで6勝12敗。
下位にはクリーヴランド・キャバリアーズ、ブルックリン・ネッツ、ニューヨーク・ニックスがいるため、今のうちに勝利数を重ねておきたいところだ。

キャリアハイの43得点を挙げたアーロン・アフラロは、
「負けて動揺してるんだ。でも、最後まで粘れたところは良かった。チームメイトを誇るに思うよ」
と悔しさをにじませながらも、手応えを感じている様子で話した。

1Q 2Q 3Q 4Q OT1 OT2 TOTAL
オーランド・マジック 34 23 23 24 14 7 125
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 29 29 27 19 14 8 126

オーランド・マジック スタッツ

先発メンバー

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ スタッツ

先発メンバー
マジックvsシクサーズ ハイライト動画
M・カーター=ウィリアムス ハイライト動画
V・オラディポ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA