【スポンサーリンク】

トロント・ラプターズvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 12月4日結果

トロント・ラプターズvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 12月4日結果

日本時間12月4日に行われたトロント・ラプターズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦は、103-112でホームのウォリアーズが勝利した。

今日ほど劇的な大逆転勝利となった試合は滅多に見られないだろう。
第1Qでラプターズに大量17点のリードを許し、一時は27点ものリードを奪われたウォリアーズ。
その後もなかなか第1Qで許した点差を詰められずにいたが、、第4Qに入ると流れが一変。

クレイ・トンプソンの3Pでリードを15点に縮めると、デイビッド・リー、ジャーメイン・オニールらインサイド陣が奮起する。
徐々に点差を縮めていくと、残り3分48秒にはステフェン・カリーの3Pで1点差、さらにカリーが連続で3Pを沈め、ついに逆転。
その後もトンプソンの3P、カリーのフリースロー、ハリソン・バーンズの3Pなどでリードを広げ、逆転勝利を飾った。

リーグ屈指の3Pシューターを擁するウォリアーズだが、第4Qではトンプソンの4本を筆頭に、カリーが2本、どレイモンド・グリーンとハリソン・バーンズがそれぞれ1本の3Pを決めている。

ハーフタイムには、ベテランセンターのオニールが不甲斐ないチームに対して激を飛ばしたという。
22得点、7アシストを記録したトンプソンは、
「彼(オニール)の激が効いたんだ。第4Qでも第3Qでもなくて、ハーフタイムの彼の言葉がターニングポイントだったよ」
とコメント。
オニールが話した内容については明かされていない。

また、
「俺らはシューター軍団だからね。みんな同時に調子が悪かったけど、同時に調子が良くなったんだ」
と続けた。

一方、歴史的ともいえる逆転劇を見舞われたラプターズは、これで4連敗。

ラプターズのドウェイン・ケーシーHCは、
「彼ら(ウォリアーズ)の3Pが当たり始めたときに対応できなかったのが、負けた理由のひとつだね。第3Qまで素晴らしいプレイをしてたんだけど、第4Qでは得点できなかった」
と試合を振り返った。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
トロント・ラプターズ 36 29 23 15 103
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 19 29 22 42 112

トロント・ラプターズ スタッツ

先発メンバー

ゴールデンステイト・ウォリアーズ スタッツ

先発メンバー
ラプターズvsウォリアーズ ハイライト動画
ウォリアーズ 第4Qハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA