【スポンサーリンク】

デンバー・ナゲッツvsクリーヴランド・キャバリアーズ 12月5日結果

デンバー・ナゲッツvsクリーヴランド・キャバリアーズ 12月5日結果

日本時間12月5日に行われたデンバー・ナゲッツ対クリーヴランド・キャバリアーズ戦は、88-98でキャブスが勝利した。

この試合の勝敗を分けたのはリバウンドだろう。
ナゲッツのチームリバウンド43本(OF15本、DF28本)に対し、キャブスは58本(OF20本、DF38本)を記録。
中でも先発したトリスタン・トンプソンが17得点、キャリアハイとなる21リバウンド、3ブロックショットと活躍し、勝利に大きく貢献した。

また、アンドリュー・バイナムが14得点、7リバウンド、1ブロックショット、アンダーソン・バレジャオが18得点、13リバウンド、3ブロックショットと奮起。

マイク・ブラウンHCは、見事なパフォーマンスをみせたビッグマンについて、
「彼らはピック・アンド・ロールのモンスターだ。特にリム周辺でね。見ていてすごいと感じたよ」
と称賛。

波に乗り始めたチームについて、チームハイの23得点を挙げたカイリー・アービングは、
「ブラウンHCが話していた通り最後までアグレッシブにプレイできた。練習の成果が実戦に出てきてるんだと思うよ」
と手応えを感じている様子だ。

一方、敗れたナゲッツではポイントガードのタイ・ローソンが絶不調。
11アシスト、3スティールを記録しながらもFG13本中わずか1本を含む4得点に終わったローソンは、
「イージーショットもミスしてしまった。13本打って1本しか決められないなんて、俺の人生ではなかったよ」
とコメントした。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
デンバー・ナゲッツ 24 28 21 15 88
クリーヴランド・キャバリアーズ 31 25 23 19 98

デンバー・ナゲッツ スタッツ

先発メンバー

クリーヴランド・キャバリアーズ スタッツ

先発メンバー
ナゲッツvsキャブス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA