【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーvsポートランド・トレイルブレイザーズ 12月5日結果

オクラホマシティ・サンダーvsポートランド・トレイルブレイザーズ 12月5日結果

日本時間12月5日に行われたオクラホマシティ・サンダー対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦は、104-111でホームのブレイザーズが勝利した。

ハーフタイムまでに11点のリードを許していたブレイザーズだが、第3Qに入るとラマーカス・オルドリッジの連続ジャンパーなどで徐々に点差を詰め、第3Q終了時には逆に3点のリードを奪う。

第4Qでは一進一退の攻防が繰り広げられ、残り5分3秒にはレジー・ジャクソンのフリースロー2本、さらにケビン・デュラントのフリースロー2本で逆転されてしまうが、その後はオルドリッジが連続8得点を記録。
残り1分38秒にはラッセル・ウェストブルックに3Pを決められ、1点差まで詰められれるものの、ダミアン・リラードからのパスを受けたニコラス・バトゥームが3Pを沈め、試合を決めた。

この試合で38得点、13リバウンドのダブルダブルを達成し、ファンからMVPチャントされたオルドリッジは、

「夢みたいだね。ここで長い間プレイしてるけど、今日まで屈辱を味わい続けてきたんだ。こんなにチャントしてもらえるなんて数回しかなかったよ。本当に楽しい試合だった。ファンのチャントで今夜を締めくくれたしね」
とコメントしている。

一方、連勝を8で止まったサンダーだが、エースのデュラントは33得点、7リバウンド、1スティール、2ブロックショット、相棒のラッセル・ウェストブルックも21得点で両スコアラーは好調を維持。

惜しくも敗れてしまったが、デュラントはオルドリッジの活躍について、
「彼は3Pライン付近からターン・アラウンドショットを決めてた。俺らのビッグマンの上からね。本当にすごい選手だよ。クラッチタイムでも決めてくるしね」
と称賛した。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オクラホマシティ・サンダー 27 32 21 24 104
ポートランド・トレイルブレイザーズ 25 23 35 28 111

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー

ポートランド・トレイルブレイザーズ スタッツ

先発メンバー
サンダーvsブレイザーズ ハイライト動画
L・オルドリッジ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA