プレイヤー・オブ・ザ・マンスにP・ジョージとK・デュラントが選出

【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ&ケビン・デュラント

開幕から11月にかけてのプレイヤー・オブ・ザ・マンスに、インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージとオクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントが選出された。

イースタン・カンファレンスからの選出となったジョージは、期間中にリーグベストとなる15勝1敗にチームを牽引。
すべての試合で2ケタ得点を挙げ、うち13試合で20得点以上を記録した。

期間中の試合では23.6得点(リーグ5位)、2.13スティール(同7位)、6.1リバウンド、3.3アシストのアベレージをマーク。
試合後半では平均14.8得点、FG成功率51%を誇っていることから、特に後半で勝負強さを発揮しているといえるだろう。

また、日本時間11月3日の対クリーヴランド・キャバリアーズ戦、同11月5日のデトロイト・ピストンズ戦ではダブルダブルを達成している。

P・ジョージ 対ピストンズ戦ハイライト動画

一方、ウェスタン・カンファレンスからの選出となったデュラントは、11勝3敗という好成績にチームを導き、ホームでの8連勝にも貢献した。

期間中の試合では平均28.3得点を記録。
うち6試合で30得点以上のパフォーマンスを披露し、101-98で勝利した対ユタ・ジャズ戦では42得点を挙げた。

さらに、ダブルダブルを6回達成している。

K・デュラント 対ジャズ戦ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA