【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズvsヒューストン・ロケッツ 12月7日結果

ゴールデンステイト・ウォリアーズvsヒューストン・ロケッツ 12月7日結果

日本時間12月7日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ヒューストン・ロケッツは、83-105でホームのロケッツが快勝した。

序盤からタイトなディフェンスでウォリアーズのターンオーバーを誘発したロケッツは、チャンドラー・パーソンズ、テレンス・ジョーンズ、ドワイト・ハワードがそれぞれ3スティールを記録。

さらに、ジェイムス・ハーデン(34得点)、ドワイト・ハワード(22得点)、テレンス・ジョーンズ(16得点)の先発3選手だけで72得点を挙げ、終始ウォリアーズを圧倒した。

なお、ハワードは18リバウンド、ジョーンズは10リバウンドもあわせて記録し、ダブルダブルを達成している。

ハーデンは、
「これが俺たちのプレイさ。ディフェンスをタイトにしないと、彼ら(ウォリアーズ)にやられてしまうんだ。今日は彼らを止めることができたし、トランジションもうまくいったよ。序盤から彼らにプレッシャーをかけることで自分たちの道を切り開いたんだ」
とコメント。

また、ハワードは、
「今夜は彼ら(ウォリアーズ)に3Pを許さなかった。俺たちのディフェンスが良かったんだと思うよ。最初からプレッシャーをかけてたし、コートを走りまわってたんだ。みんながディフェンスを頑張ってくれたから、俺たちが得点できたのさ」
とチームのディフェンスを称えた。

一方、リーグ屈指のシューターを擁するウォリアーズだが、この試合ではFG成功率35.5%、3Pにいたっては16本中わずか2本の成功(12.5%)に終わるなど、先日の歴史的な大逆転劇を演じたチームとは思えない内容に。

チームハイの22得点を挙げるも、痛恨の8ターンオーバーを記録したステフェン・カリーは、
「序盤にシュートが入らなくても、いつもは少しずつ入り始めるんだけどね。今日はそうじゃなかった。彼ら(ロケッツ)の勢いを止めることができなかったし、オフェンスではうまくボールを回せなかったよ。最初に彼らに主導権を与えてしまったから、自信を持ってプレイさせてしまったんだ」
とコメント。

また、わずか5得点に終わったクレイ・トンプソンは、
「こうなってしまった原因はわかってるよ。悔しいね。スターターとして出場してるからには、もっとエネルギッシュにプレイしないといけないんだ」
と大敗に悔しさを表していた。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 12 25 29 17 83
ヒューストン・ロケッツ 31 30 26 18 105

ゴールデンステイト・ウォリアーズ スタッツ

先発メンバー

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー
ウォリアーズvsロケッツ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA