【スポンサーリンク】

インディアナ・ペイサーズvsオクラホマシティ・サンダー 12月9日結果

インディアナ・ペイサーズvsオクラホマシティ・サンダー 12月9日結果

日本時間12月9日に行われたインディアナ・ペイサーズ対オクラホマシティ・サンダー戦は、94-118でホームのサンダーが圧勝した。

エースのケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックを中心にオフェンスを展開するサンダーは、序盤からペイサーズを圧倒。
第1Qで10点、第2Qで9点のリードを奪うと、後半もペイサーズに主導権を渡すことなく、第4Qには主力陣をベンチに下げるという余裕の勝利となった。

イースタン・カンファレンス首位を突き走るペイサーズとの対戦だったが、サンダーのホームゲームということもあり、負けることは許されなかったのだろう。
この試合でデュラントは36得点、10リバウンド、5アシスト、ウェストブルックは26得点、7リバウンド、13アシスト(シーズンハイ)を挙げ、好調のペイサーズを寄せ付けなかった。

デュラントは、
「コートでプレイできていることに感謝してるんだ。感謝の気持ちを見失わずにプレイしたいね」
と謙虚なコメント。

また、ウェストブルックは、
「俺たちはベストなメンバーで一緒にプレイできてるんだ。今夜はみんな良いプレイをしてたし、俺たちのゲームができたと思うよ」
と話している。

一方、一度もリードを奪えずに完敗を喫したペイサーズでは、2ケタ得点を記録したのはポール・ジョージ、ロイ・ヒバート、デイビッド・ウェストの3選手のみ。

ジョージは32得点を挙げるも、前半ではわずか6得点に抑えられる苦しい展開となった。

「疲れを言い訳にはしないよ。でもサンダーは俺らの状態をわかってたみたいだね。序盤からランを仕掛けて、俺らにエネルギーが残っているのかどうかチェックしてたんだと思う」

そう話すジョージだが、ペイサーズは依然として18勝3敗でイースタン・カンファレンス首位の座をキープ。

次戦は日本時間12月11日、マイアミ・ヒートとの直接対決を控えている。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
インディアナ・ペイサーズ 18 19 32 25 94
オクラホマシティ・サンダー 28 28 34 28 118

インディアナ・ペイサーズ スタッツ

先発メンバー

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー
ペイサーズvsサンダー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA