【スポンサーリンク】

トロント・ラプターズvsロサンゼルス・レイカーズ 12月9日結果

トロント・ラプターズvsロサンゼルス・レイカーズ 12月9日結果

日本時間12月9日に行われたトロント・ラプターズ対ロサンゼルス・レイカーズ戦は、106-94でアウェイのラプターズが勝利した。

この試合で注目を集めたのは、やはりレイカーズのエース、コービー・ブライアントの復帰だろう。
約8カ月ぶりの復帰となるブライアントだが、先発メンバーとして名前がコールされると、会場が大声援に包まれた。

先発で出場し、約27分プレイしたブライアントは、FG9本中2本、FT7本中5本の9得点を記録。
だが、試合勘の鈍りは否めず、8ターンオーバーとやや精細を欠いたといえるだろう。

ブライアントは、
「まだ全然リズムを掴めてないんだ。でもこれが今季初めての試合だし、これから良くなっていくと思うよ」
とコメント。

また、2本の3Pを含む17得点を挙げたザビエル・ヘンリーは、
「コービーはまだ100%じゃないんだ。ゲームに適応できてないしね。これからが楽しみだよ。シーズンは先が長いし、彼が戻ってきたってことが嬉しいんだ」
と、エースの復帰を喜んだ。

一方、ルディ・ゲイらを含むトレードが発表されたラプターズは、わずか8選手で戦うという厳しい状況だったものの、アミアー・ジョンソンの32得点を筆頭に、ダマー・デローザンが26得点、カイル・ローリーが23得点を挙げ、レイカーズに一度もリードを許すことなく完勝。

復帰を遂げたブライアントについてデローザンは、
「ほとんどのショットがショートだったし、勘が鈍ってるみたいだね。彼はこれからどんどん良くなっていくさ。そして前のコービーにカムバックしてくれるよ」
とエールを送っている。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
トロント・ラプターズ 30 21 22 33 106
ロサンゼルス・レイカーズ 20 27 21 26 94

トロント・ラプターズ スタッツ

先発メンバー

ロサンゼルス・レイカーズ スタッツ

先発メンバー
ラプターズvsレイカーズ ハイライト動画
K・ブライアント ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA