【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスvsブルックリン・ネッツ 12月11日結果

ボストン・セルティックスvsブルックリン・ネッツ 12月11日結果

日本時間12月11日に行われたボストン・セルティックス対ブルックリン・ネッツ戦は、96-104でホームのネッツが勝利した。

ネッツのポール・ピアース、ケビン・ガーネットにとって古巣との対決となったこの試合、右手の負傷で欠場が続いていたピアースが復帰。
ベンチから出場したピアースは4得点、7リバウンド、ガーネットは11得点、9リバウンドを記録し、勝利に華を添えた。

また、エースのデロン・ウィリアムもこの試合から復帰を遂げており、チームハイの25得点、7リバウンドを記録。
不調が続くネットにとって、エースの復帰は心強い。

第1Qでセルティックスを圧倒したネッツは、その後セルティックスに詰め寄られるシーンもあったが、ウィリアムスが連続7得点などで突き放して勝利。

ウィリアムスは試合後、
「みんな試合に復帰してきてるし、完璧な状態になりつつあるんだ。ポール(・ピアース)が出場しなかったとしても、彼はベンチからでも俺たちをバックアップしてくれたと思うよ。今日の俺たちはエネルギッシュにプレイできてた。最初から最後まで、コートの中も外もね」
とチームの復調を実感した様子で語った。

また、復帰したウィリアムスについてガーネットは、
「D-Will(デロン・ウィリアムスの愛称)がうまくプレイメイキングしてくれた」
と称賛。

ピアースは、
「彼(ウィリアムス)はチームで最も重要な選手だよ。チームを成熟させ、チャンピオンシップを勝ち取るためには彼の力が必要なんだ」
と復帰を喜んだ。

一方、ピアース、ガーネット、ジェイソン・テリーを放出し、今季は低迷が予想されていたセルティックスだが、現在10勝13敗、イースタン・カンファレンス4位と健闘している。

チームハイの22得点を挙げたエイブリー・ブラッドリーは、
「怪我してた選手たちが戻ってきたし、ネッツは本当に良いチームだと思うよ。ネッツにはデロン・ウィリアムスとポール、2人のリーダーがいる。彼らがチームを支えてるのは間違いないよね」
と完敗を認めた。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ボストン・セルティックス 20 27 25 24 96
ブルックリン・ネッツ 31 25 29 19 104

ボストン・セルティックス スタッツ

先発メンバー

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー
セルティックスvsネッツ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA