【スポンサーリンク】

コービー・ブライアント 「3連敗は気にしない」

コービー・ブライアント

アキレス腱断裂から復帰後3試合を終えたロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントだが、本人は3連敗について特に気にしていないようだ。

日本時間12月14日(土)の対オクラホマシティ・サンダー戦で122-97の大敗を喫した後、ブライアントがチームの現状についてコメントした。

「(3連敗は)特に気にしてないよ。今のチームは去年と同じように見えるかもしれない。でも、去年のことはもう忘れたし、本当に気にしてないんだ。俺たちのハートは正しい場所にある。今夜はポジティブな面も見られたしね。俺たちは長いスパンで一緒に戦っていくんだ。俺たちは肩を落としてなんかいないよ」

昨季のレイカーズも、スティーブ・ナッシュ、ドワイト・ハワードら主力選手の負傷欠場が続き、プレイオフ進出さえも危ぶまれる状態に追い込まれていた。

なんとかプレイオフには進出したものの、直前にブライアントがアキレス腱を断裂。
プレイオフ・ファーストラウンドでサンアントニオ・スパーズと対戦したエース不在のレイカーズは、0-4でスイープされるという屈辱を味わった。

現在もスティーブ・ナッシュらポイントガード3選手を欠くレイカーズでは、ブライアントがポイントガードの役割をこなしている。

だが、ブライアントも万全な状態にあるとはいえず、本来ならダンクを叩き込むプレイでもレイアップを選択するなど、しばらくは足の状況を気にしながらのプレイとなるだろう。

ブライアント率いるレイカーズが古豪復活なるか、これからに注目したい。

日本時間14日 対サンダー戦ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA