【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズvsロサンゼルス・クリッパーズ 12月17日結果

サンアントニオ・スパーズvsロサンゼルス・クリッパーズ 12月17日結果

日本時間12月17日に行われたサンアントニオ・スパーズ対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、92-115でホームのクリッパーズが快勝した。

第1Qこそ7点のリードを許したクリッパーズだったが、第2Qで一気に逆転すると、第4Qではブレイク・グリフィン、クリス・ポールを中心にスパーズを攻め込む。

結局、第4Qだけで15点のリードを奪ったクリッパーズがウェスタン・カンファレンス上位対決を制した。

ロード7連戦を4勝3敗で終え、久しぶりにホームで戦ったクリッパーズだが、23得点、7アシスト、8リバウンド、4スティールを記録したポールは、
「ロードトリップから帰ってきての勝利だから、また格別だね。(ロード7連戦の戦績については)もう過ぎたことだよ」
とコメント。

また、チームハイの27得点を挙げたグリフィンは、
「試合のほとんどを支配できたと思う。俺たちの戦略で進めることができたし、彼ら(スパーズ)に走られたときも下を向かずにプレイできたんだ。大きなことだと思うよ」
と手応えを感じている様子で話した。

一方、今季5敗目を喫したスパーズだが、現在19勝5敗でウェスト3位と好順位をキープしている。

だが、この試合では課題が見えたようだ。

8得点に終わったマヌ・ジノビリは、
「ちょっと彼(トニー・パーカー)がボールを持ちすぎたね。だから試合にアジャストすることが難しかったんだ。特にクリッパーズのようなアグレッシブなチームが相手だとなおさらだよ」
とポイントガードに釘を刺している。

17得点、11リバウンドのダブルダブルを記録したティム・ダンカンは、
「ターンオーバーが多すぎた(22回)。勝つためにはもっとチームでまとまってプレイしないと。でも、まだシーズン序盤だし、この試合を教訓にすることでチームとして成長していくんだ。そうすればシーズンの終わり頃にはもっと良いチームになってると思うよ」
と前向きに話した。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
サンアントニオ・スパーズ 28 21 21 22 92
ロサンゼルス・クリッパーズ 21 34 23 37 115

サンアントニオ・スパーズ スタッツ

先発メンバー

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー
スパーズvsクリッパーズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA