ジャレッド・サリンジャーが目指すはケビン・ラブ?

【スポンサーリンク】

ジャレッド・サリンジャー

開幕ダッシュには失敗したものの、ここ10試合で6勝を挙げるなど、ボストン・セルティックスが調子を取り戻してきている。

ドック・リバースHCをはじめ、ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、ジェイソン・テリーが他チームへ去り、さらには次期エースのレイジョン・ロンドは前十字靭帯断裂により長期離脱中のセルティックスだが、現在のチームを支えているひとりがNBAキャリア2年目のジャレッド・サリンジャーだ。

ブラッド・スティーブンスHCは、サリンジャーのプレイにミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ラブを重ねている。

「彼(サリンジャー)はラブのプレイを勉強してもらいたいね。アウトサイドでもポストでも得点できると思うし、サリンジャーのスキルは毎年高くなってきてるんだ。体も強くなってきてるよ」

「サリンジャーにボールを持たせれば得点してくれるんだ。世界中を見渡しても彼のように得点できる選手はそういないよ。しかも、彼にはまだまだ先がある。もっと成長できると思うし、それにはラブのプレイを勉強することから始めると良いと思う」

今季ここまで、サリンジャーは14.0得点、7.1リバウンドのアベレージを記録している。

負傷離脱中のロンドとは仲が良いことでも知られているが、ロンドとサリンジャーのコンビこそが次世代のセルティックスの姿なのかもしれない。

J・サリンジャー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA