【スポンサーリンク】

ポートランド・トレイルブレイザーズvsクリーヴランド・キャバリアーズ 12月18日結果

ポートランド・トレイルブレイザーズvsクリーヴランド・キャバリアーズ 12月18日結果

日本時間12月18日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ対クリーヴランド・キャバリアーズ戦は、119-116でアウェイのブレイザーズが勝利した。

2011-12シーズンと2012-13シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤー対決となったこの試合は、23回ものリードチェンジを繰り返す白熱した展開に。

第4Q残り1分18秒、ラマーカス・オルドリッジのフリースロー2本で116-108とリードを広げたブレイザーズがこのまま勝利するかに思われたが、残り1分4秒にはカイリー・アービングに3P、残り33.8秒にはまたしてもアービングに3Pプレイ、さらに残り7.1秒にはアンダーソン・バレジャオに得点を許し、ついに同点に。

タイムアウト後、ブレイザーズは最後のショットをダミアン・リラードに託す。
先日の試合ではドライブからのフェイダウェイショットで決勝弾を決めていたリラードだが、この日は3Pを選択。
アロンゾ・ギーも慌ててチェックするも追いつかず、美しい放物線を描いたボールはネットを通り、新旧ルーキー・オブ・ザ・イヤー対決はリラードが制した。

キャリアハイの3P8本を含む36得点を挙げたリラードは、
「あまり中にはドライブしたくなかったんだ。インサイドにはビッグマンが待ち構えてるしね。アロンゾ・ギーは素晴らしいアスリートだと思うよ。だから彼を抜いてドライブすることができなかった。ドリブルで彼のバランスを崩して、彼の動きが固まったときにショットを打とうと思ってたんだ」
とコメントしている。

一方、惜しくも敗れたキャブスだが、開幕直後と比較するとチームの状態も安定してきており、ここ10試合で5勝5敗を記録。
イースタン・カンファレンスでの順位を徐々に上げつつある。

25得点を挙げたディオン・ウェイターズは、リラードのショットについて、
「血の気が引いたよ。リラードがボールを持つことは分かってたんだけどね。ビッグショットを決められてしまった」
と振り返った。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ポートランド・トレイルブレイザーズ 26 29 37 27 119
クリーヴランド・キャバリアーズ 28 31 29 28 116

ポートランド・トレイルブレイザーズ スタッツ

先発メンバー

クリーヴランド・キャバリアーズ スタッツ

先発メンバー
ブレイザーズvsキャブス ハイライト動画
D・リラード ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA