【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスvsミルウォーキー・バックス 12月19日結果

ニューヨーク・ニックスvsミルウォーキー・バックス 12月19日結果

日本時間12月19日に行われたニューヨーク・ニックス対ミルウォーキー・バックス戦は、107-101でニックスが勝利した。

今季ここまで7勝17敗と低迷しているニックスだが、ついに守護神タイソン・チャンドラーが復帰。
約36分の出場で9得点、9リバウンド、1スティール、3ブロックショットと存在感を示した。

試合のほうは、第2オーバータイムまでもつれる激戦に。
第2OT残り1分32秒、JR・スミスのジャンパーで99-98と逆転すると、その後はカーメロ・アンソニーが連続8得点を挙げ、勝利を手にした。

アンソニーはチャンドラー復帰を歓迎し、
「タイソンの復帰は心強いね。彼がいてくれるとアグレッシブにプレイできるんだ。俺たちにとって彼の復帰は本当に大きなことだよ」
とコメント。

また、チャンドラーは、
「勝つためなら何でもやるよ。コーチにも言ったんだ。『出場時間を制限しないでくれ』ってね。必要なら気にせず起用してもらいたいんだ」
と試合への意気込みを語っている。

ただ、現在最下位のバックス相手だけに、ニューヨークのファンは満足していないだろう。

一方、今季未だに5勝しか挙げていないバックスでは、OJ・メイヨがプライベートを理由に欠場。
ポイントガードとして先発したブランドン・ナイトは36得点を記録するも、アシスト数はわずか3に終わっている。

ラリー・ドリューHCは、ないとの得点力を称賛しつつ、
「彼(ナイト)はもっとうまくプレイしないと。ボールを回さないとダメだよ」
と釘を刺した。

1Q 2Q 3Q 4Q OT1 OT2 TOTAL
ニューヨーク・ニックス 24 21 23 19 7 13 107
ミルウォーキー・バックス 22 22 22 21 7 7 101

ニューヨーク・ニックス スタッツ

先発メンバー

ミルウォーキー・バックス スタッツ

先発メンバー
ニックスvsバックス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA