【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズvsオクラホマシティ・サンダー 12月20日結果

シカゴ・ブルズvsオクラホマシティ・サンダー 12月20日結果

日本時間12月20日に行われたシカゴ・ブルズ対オクラホマシティ・サンダー戦は、95-107でホームのサンダーが勝利した。

今季のホームゲーム13連勝を賭けて臨んだサンダーは、序盤からケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックの2大スコアラーが得点を重ねる。
第3Q終了時には12点のリードを奪うと、第4Qで一時詰め寄られる場面もあったが、レジー・ジャクソンやジェレミー・ラムらベンチメンバーの活躍もあり、再度突き放してホームでの連勝をのばした。

32得点、9リバウンド、6アシスト、3スティール、1ブロックショットを記録したデュラントは、
「ディフェンスが良かったね。彼ら(ブルズ)はフリースローで俺らのペースをスローダウンさせようとしてたけど、後半には俺たちのテンポについてこれなかったんじゃないかな。ターンオーバーしてくれたし、簡単に得点できたよ」
と余裕のコメント。

ベンチ出場ながらも18得点を挙げたジャクソンは、
「ペイント内ではプレイさせないようにしたんだ。良いディフェンスができたと思うよ。彼ら(ブルズ)はフィジカルなチームだし、ディフェンシブなプレイもうまい。特にハーフコートオフェンスはね。でも(ディフェンスで)消耗させることができたから勝てたよ」
と勝因のひとつにディフェンスを挙げている。

一方、カーク・ハインリックに加え、ルオル・デンも出場できなくなったブルズは、依然として厳しい状況が継続中だ。
この試合ではジミー・バトラーも右足首を負傷し、途中退場してしまった。

16得点、2スティール、2ブロックショットを記録したタージ・ギブソンは、
「チームとしてディフェンスが機能しなかった。ジミーまで怪我してしまったから、俺らがもっとやらなきゃね」
と意気込みを話した。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
シカゴ・ブルズ 24 28 20 23 95
オクラホマシティ・サンダー 35 20 29 23 107

シカゴ・ブルズ スタッツ

先発メンバー

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー
ブルズvsサンダー ハイライト動画
K・デュラント ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA