【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツvsインディアナ・ペイサーズ 12月21日結果

ヒューストン・ロケッツvsインディアナ・ペイサーズ 12月21日結果

日本時間12月21日に行われたヒューストン・ロケット対インディアナ・ペイサーズ戦は、81-114でホームのペイサーズが圧勝した。

対デトロイト・ピストンズ戦、対マイアミ・ヒート戦に敗れ、3連敗だけは避けたかったペイサーズは、チームアシスト数29本(ロケッツは10本)を記録。
バランス良いオフェンスで勝利へと結びつけた。

また、インサイドでもドワイト・ハワード擁するロケッツを圧倒。
リバウンド数でロケッツを14本上回ったことも、勝因のひとつといえるだろう。

24得点、9リバウンド、3スティールを記録したポール・ジョージは、
「俺らがノってきたら誰にも止められないさ。今日はロケッツが相手だったけど、エネルギッシュにプレイできて良かったよ」
と話している。

そして、ペイサーズに頼れる男だ帰ってきた。
ファンから大歓声で迎えられたダニー・グレンジャーは、久しぶりの実戦のせいか5つのターンオーバーを犯すなどやや精細を欠いたが、今後はジョージに次ぐスコアラーとしても期待できるだろう。

一方、33点差という大敗を喫したロケッツは、FG成功率38.1%、3P成功率18.2%、フリースロー成功率54.2%と絶不調。

唯一ドワイト・ハワードだけが19得点、12リバウンド、5ブロックショットと気を吐いた。

ハワードは、
「彼ら(ペイサーズ)は俺らよりハードにプレイしてた。特に第3Q序盤にやられたよ。あれで引き離されてしまったんだ」
と試合を振り返っている。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ヒューストン・ロケッツ 20 25 20 16 81
インディアナ・ペイサーズ 25 31 31 27 114

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

インディアナ・ペイサーズ スタッツ

先発メンバー
ロケッツvsペイサーズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA