【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズvsロサンゼルス・クリッパーズ 12月23日結果

ミネソタ・ティンバーウルブズvsロサンゼルス・クリッパーズ 12月23日結果

日本時間12月23日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、116-120でホームのクリッパーズが勝利した。

オーバータイムまでもつれたこの試合で、ウルブズか致命的なミスを犯してしまったといえるだろう。

第4Q残り18秒、ウルブズはケビン・ラブのフリースローでリードを4点に広げていた。

直後、ジャマール・クロフォードにレイアップを決められ、リードを2点にされてしまうも、残り時間は13.2秒。
ウルブズはすかさずタイムアウトを請求し、逃げ切りの作戦を選手に指示する。

タイムアウト後、リッキー・ルビオがケビン・マーティンにインバウンドパスでボールを渡すと、クリス・ポールにドリブルのコースを読まれ、走り込んできたジャマール・クロフォードにスティール、オーバータイムに持ち運ばれてしまった。

もしインバウンドパス後、ルビオがマーティンのフォローに向かっていれば、事態は変わっていたのかもしれない。

だが、ルビオは疲労のためか、それともファウルゲームを仕掛けられるものと勝手に判断していたのか、マーティンに任せてしまう。

オーバータイムでも勝機があったものの、残り38.6秒にジャレッド・ダドリーに3Pを許すと、その後はポールにフリースロー5本を立て続けに決められ、万事休す。

マーティンは試合後、
「ハードにプレイしたけど叶わなかった。でも俺らはすぐに立ち直るよ」
と前向きにコメント。

45得点、19リバウンド、6アシストを記録したラブは、
「台無しだよ。何て言ったら良いのか言葉も見つからない。本当に台無しだ」
とフラストレーションを爆発させていた。

一方、見事な逆転劇を飾ったクリッパーズだが、クロフォードが先発起用されて以来5勝0敗と好調を続けている。

オーバータイムで逆転3Pを決めたジャレッド・ダドリーは、
「オープンなショットを何本も外していたけど、CP(ポール)が俺を信じてくれた。CPが相手の注意を引きつけてくれたから、もしボールが来ればシュートを打とうって思ってたんだ」
とコメント。

19得点、13アシスト、2スティールを記録したポールは、
「俺たちはドック(・リバースHC)から最後まで諦めないという精神を学んだんだ。練習の時もドックはいつも『また終わってない!』って叱咤してくれるからね」
と日頃の取り組みの成果であることを強調した。

1Q 2Q 3Q 4Q OT TOTAL
ミネソタ・ティンバーウルブズ 24 30 31 21 10 116
ロサンゼルス・クリッパーズ 24 32 27 23 14 120

ミネソタ・ティンバーウルブズ スタッツ

先発メンバー

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー
ウルブズvsクリッパーズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA