【スポンサーリンク】

インディアナ・ペイサーズvsブルックリン・ネッツ 12月24日結果

インディアナ・ペイサーズvsブルックリン・ネッツ 12月24日結果

日本時間12月24日に行われたインディアナ・ペイサーズ対ブルックリン・ネッツ戦は、103-86でアウェイのペイサーズが勝利した。

前半で6点のリードを奪ったペイサーズは、第3Qで猛攻を仕掛け、リードを17点に広げる。
第4Qでも危なげないゲーム運びで有利に進めたペイサーズが、実力の差を見せつけた。

ニューヨークのアブラハム・リンカーン高校出身のランス・スティーブンソンにとっては凱旋とも言える試合になったが、スティーブンソンは26得点、7リバウンド、5アシスト、2スティールと見事なパフォーマンスを披露。

試合後には、
「この試合に向けて本当にモチベーションが高まってたんだ。昨日は眠れなかった。勝てて嬉しいよ」
と喜びを表した。

また、フランク・ボーゲルHCは今季のMIPにはスティーブンソンがふさわしいとしつつ、
「ランス・スティーブンソンとポール・ジョージが素晴らしいパフォーマンスを続けてくれてるんだ。我々にとって不可欠な選手だよ」
と絶賛している。

一方、スコアリングリーダーのブルック・ロペスを欠くネッツだが、試合中にデロン・ウィリアムスが足首を再び負傷。
詳細については伝えられていないが、大きな問題はなさそうだ。

さらに、第3Qでは速攻からレイアップに持ち込んだジョージ・ヒルに対し、ポール・ピアースがハードファウル。
このプレイにフレイグラントファウル2がコールされ、一発退場となった。

ピアースは、
「あれはバスケットボールのプレイだったんだ。確かにハードファウルだったけど、あれが一日の終わりになるとはね」
と振り返っている。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
インディアナ・ペイサーズ 19 26 30 28 103
ブルックリン・ネッツ 17 22 19 28 86

インディアナ・ペイサーズ スタッツ

先発メンバー

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー
ペイサーズvsネッツ ハイライト動画
L・スティーブンソン ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA