【スポンサーリンク】

フェニックス・サンズvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 12月28日結果

フェニックス・サンズvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 12月28日結果

日本時間12月28日に行われたサンズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦は、86-115でホームのウォリアーズが圧勝した。

この試合ではウォリアーズのエース、ステフェン・カリーが大暴れ。
得点では14得点(3P1本)と物足りなかったものの、キャリアハイの16アシスト、13リバウンドを記録し、NBAキャリア3回目となるトリプルダブルを達成した。

なお、ウォリアーズで16アシスト以上を挙げたのは、1990年の1月にティム・ハーダウェイ(19アシスト)以来となる。

当のカリーは、
「なんか変な感じだね。ビッグマンをサポートするために中に入ったんだけど、リバウンドを取ることができた。別にリバウンドを取る気はなかったんだけどね」
と何事もなかったかのように話した。

17得点、7リバウンドを挙げたデイビッド・リーはカリーについて、
「信じられないよ。今夜の彼(カリー)は調子が良いなとは思ってたんだけど、彼のスタッツを見るまで、まさかこれほどの活躍をしてるとは思わなかったんだ」
と称賛している。

カリーの活躍に驚いているのは、何もウォリアーズの面々だけではない。

大敗を喫したサンズのジェフ・ホーナセックHCは、
「彼ら(ウォリアーズ)のガード陣は素晴らしい。カリーがトリプルダブルを達成したけど、明らかに彼がゲームを支配してたんだ。ファウルトラブルに陥ったクレイ・トンプソンも11本中9本のFGを決めてるしね。本当に素晴らしい仕事をしてたよ」
と称賛。

また、カリーにマッチアップしていたエリック・ブレッドソーは、
「何が起こったのか分からないよ。俺たちは彼ら(ウォリアーズ)より一歩遅くプレイしてたんだ。彼らは俺たちより断然速かった。彼らのプレイからいろいろ学ばさせてもらったよ」
と舌を巻いていた。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
フェニックス・サンズ 22 18 24 22 86
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 28 31 26 30 115

フェニックス・サンズ スタッツ

先発メンバー

ゴールデンステイト・ウォリアーズ スタッツ

先発メンバー
サンズvsウォリアーズ ハイライト動画
S・カリー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA