自身の起用法にキレるジョッシュ・スミス

【スポンサーリンク】

ジョッシュ・スミス

今季からデトロイト・ピストンズでプレイしているジョッシュ・スミスが、自身の起用法について怒りをあらわにしたようだ。

ピストンズのモーリス・チークスHCは、第3Qのスタート時にスミスをベンチに下げることが多い。

この起用法についてスミスは、
「俺はバスケットボールをするために生きてるんだ。だから(ベンチで)試合を見てるのは不愉快。どの試合でもハードにプレイしてるのに、ベンチに下げるってアンフェアだろ?!」
と怒りをあらわにした。

チークスHCなりの考えがあっての起用法だと思われるが、スミスとの間に信頼関係が構築されていないことが伺える。

豊富なタレントを揃えるピストンズがNBAチャンピオンを目指すには、フロント陣と選手間の十分なコミュニケーションも不可欠だ。

スミスの不満が火種となり、チーム崩壊へと繋がらなければ良いのだが。

J・スミス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA