歴史を塗り替えたカーメロ・アンソニー

【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー

ニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーは、いつもより集中してシャーロット・ボブキャッツとの試合が行われるホームのマディソン・スクエア・ガーデンに到着した。

このとき、アンソニーはもちろんチームメイトの誰も歴史的な夜になるとは思っていなかっただろう。

日本時間1月25日に行われた対ボブキャッツ戦、アンソニーは今季NBAハイの62得点をマーク。

バーナード・キングスのフランチャイズ記録(60得点)、そしてコービー・ブライアントのマディソン・スクエア・ガーデンでの記録(61得点)を塗り替え、新記録を樹立した。

試合後、アンソニーは次のように話している。

「まだ夢のようだよ。ここ(マディソン・スクエア・ガーデン)で今夜ほど興奮したことはないんだ。これほどまでファンが盛り上がったことは去年からなかったしね。とにかく感覚を取り戻せて良かった」

「チーム全員にとって、今日みたいな勝利が必要だった。もちろん俺にもね。チームとして自信をつけたかったんだ」

カーメロ・アンソニー

これまでのアンソニーのキャリアハイは50得点。

対ボブキャッツ戦では前半だけで37得点し、後半にキャリアハイを更新してからというもの、アンソニーがボールを持つたびにマディソン・スクエア・ガーデンはファンの喝采で包まれた。

「メロ!」と叫ぶファンはこの時を待っており、歴史が塗り替えられたことに感動していたのだ。

現在のボブキャッツのコーチ陣には、ニックスのレジェンドであるパトリック・ユーイングがいる。

そしてボブキャッツのオーナーは“バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンだ。

この偉大なレジェンド2人の前で達成した記録というものは、また格別だったのだろう。

アンソニーは、
「彼(ジョーダン)は見ていたと思うよ。今夜、俺が歴史を塗り替えてやった。でも、こんな偉業を成せる選手なんて本当にごく一部だと思う。今日みたいなゾーンに入ることができる選手って本当に少ないんだよ」
と自信満々にコメント。

成す術なくボブキャッツのベンチに座っていたユーイングは、
「今日は彼(アンソニー)のための夜だったね。彼が放つショットは全部入ってしまう気がしたよ。我々は彼にダブルチームを仕掛けてボールを奪おうとしたんだけど、それでも彼はホットなプレイを続けていたんだ」
と称賛した。

カーメロ・アンソニー

アンソニーはFG35中23本(うち3Pは6本)を決めただけでなく、13リバウンドを記録して勝利に貢献。

チームメイトのタイソン・チャンドラーは、
「すごかった!ニックスの選手がアリーナ記録を持つことになったから、本当に嬉しいよ」
とアンソニーを称えた。

今季のニックスは低迷を続けているうえ、エースのアンソニーにはトレードの噂がつきまとっている。

いつの間にかアンソニーから笑顔がなくなっていたが、ベンチに下がると満面の笑みを浮かべ、チームメイトと抱き合って喜びを分かち合った。

「チームメイトが立ち上がって、笑顔で迎えてくれた。みんなが笑顔を取り戻したんだ。あいつらの笑顔を見ることができて、俺も嬉しいよ」

アンソニーの活躍が口火となり、ニックスが復活を遂げることができれば、熱烈なニックスファンとして知られるスパイク・リーも大喜びだろう。

リーにとっても忘れられない夜になったに違いない。

C・アンソニー 対ボブキャッツ戦ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA