ニックス ラマー・オドムと契約

【スポンサーリンク】

ラマー・オドム

かねてから噂になっていたとおり、ニューヨーク・ニックスがラマー・オドムとの契約を発表した。

この契約が、ニックスの球団社長に就任したフィル・ジャクソンの初めての仕事となる。

オドムとの契約は今季のみとなっているが、契約の詳細な内容については明かされていない。

ロサンゼルス・クリッパーズ、マイアミ・ヒート、ロサンゼルス・レイカーズ、ダラス・マーべリックスでのプレイ経験を持ち、NBAでは961試合(先発として684試合)に出場。
NBAキャリアで平均13.3得点、8.4リバウンド、3.7アシストを記録している。

今季はスペインリーグのバスコニアで2試合に出場し、負傷によりアメリカに戻っていた。

NBAを離れる前の2012-13シーズンはクリッパーズでプレイし、82試合(うち先発として2試合)、平均19.7分の出場で、4.0得点、5.9リバウンド、1.7アシストのアベレージを記録している。

情報筋によると、ニックスはこの夏にオドムのフィジカルとメンタルをチェックするというが、今回の契約はその第一段階だという。

来季のニックスは今季と違う顔ぶれになる可能性が高い。
もちろん、ヘッドコーチも変わっていることだろう。

現在のオドムがまだNBAで通用するかどうか今季中に確かめることはできないが、ジャクソン球団社長の初めての仕事がオドムとの契約ということに意味がある。

この夏、果たしてニックスはどのようなロスターを構築していくのか。

カーメロ・アンソニーの去就を含め、目が離せない状況が続きそうだ。

L・オドム ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA