レイカーズの次期ヘッドコーチ候補7人

【PR】

コービー・ブライアント

日本時間5月1日、マイク・ダントーニHCがロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチを辞任した。

多くのレイカーズファンはダントーニHCの辞任に喜んでいることだろう。

そこで注目されているのが、レイカーズの次期ヘッドコーチを誰が務めるかということだ。

かつてレイカーズで三連覇を果たしたフィル・ジャクソンはニューヨーク・ニックスの球団社長に就任したため、レイカーズに戻ってくることはない。

では、ジャクソン以外に誰がレイカーズのヘッドコーチにふさわしいのだろうか。

再建を狙うレイカーズにとって、次期ヘッドコーチの人選は非常に重要となる。

情報筋によると、現在のところ7名が次期ヘッドコーチ候補として挙がっているようだ。

バイロン・スコット

ニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)を率いていた当時、ネッツをNBAファイナルへ導いた経験がある。

当時はジェイソン・キッドがチームの中心として活躍していた。

現在のところ、スコットがレイカーズの次期ヘッドコーチ最有力候補とされているが、これはバス・ファミリーのお気に入りという点も大きいだろう。

ライオネル・ホリンズ

ダントーニのスタイルを好まないなら、ライオネル・ホリンズを選ぶべきだろう。

ホリンズはチームの文化を作り上げる能力、選手の開花させる能力に優れている。

それはメンフィス・グリズリーズ時代に証明したといっても良い。

だが、ホリンズのオールドスクールスタイルはレイカーズにマッチしない可能性が高いとされている。

ジョン・カリパリ

ケンタッキー大のヘッドコーチを務めているジョン・カリパリには、少し前にレイカーズHC就任の噂があった。

だが、カリパリはこの噂をきっぱり否定し、レイカーズHCに就任する気はないと話している。

一方で、レイカーズのヘッドコーチを務めることで、名声を手にするチャンスを得られるかもしれない。

ケビン・オリー

カレッジでヘッドコーチ候補を探すなら、ケビン・オリーも外せないところだ。

コネチカット大学を優勝へ導いたオリーには、レイカーズのみならず多くのNBAのGMが注目している。

レイカーズのヘッドコーチ候補として挙げられているのは、オリーがロサンゼルス出身だからだ。

さらに、オリーはケビン・デュラント、ラッセル・ウェストブルック、ジェームス・ハーデンにプロ意識を説いた人物でもあり、デュラントはオリーを高く評価している。

もしオリーがレイカーズのヘッドコーチに就任すれば、2016年にFAとなるデュラント獲得の大きなオプションとなるだろう。

スティーブ・カー

コーチング経験はないものの、スティーブ・カーにはGM経験があり、そして優勝経験もある。

メディアへの対応力にも優れており、ファンからの信頼も得られるだろう。

一方で、ニックスのヘッドコーチに就任する可能性が高いとも噂されている。

ジェフ・バン・ガンディ

ヘッドコーチ候補を挙げるなら、ジェフ・バン・ガンディは避けられないだろう。

だが、バン・ガンディはレイカーズのヘッドコーチの職に興味がないとも噂されている。

なぜなら、レイカーズではミッチ・カプチャックとジム・バスが大きな権力を握っているからだ。

彼らが権力を握っている限り、バン・ガンディが求めるロスターを組めない恐れがある。

ジョージ・カール

アップテンポゲームを好むジョージ・カールは、メディアの対応にも長けている。

また、文化を構築する能力も有しており、若返りを図るレイカーズに貢献できる可能性が高い。

だが、バン・ガンディと同じくカールはロスターから作り直すことを希望するため、レイカーズ経営陣が権限を与えない限り、カールがレイカーズのヘッドコーチに就任する可能性は低いだろう。

レイカーズ 2013-14プロモ動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】