マイケル・ジョーダン「自分自身を人種差別主義者と考えていた」

【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダン

ロサンゼルス・クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリンの人種差別発言が問題となっているが、“バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンもかつては自分自身を人種差別主義者だと思っていたという。

小学生の時、ジョーダンは学校の女子から「ニガー(黒人に対する差別用語)」を呼ばれたことがあるそうだ。

当時について、ジョーダンが次のように振り返った。

「彼女にソータを投げつけたんだ。本当に辛い年だった。反抗してたしね。その時、自分自身を人種差別主義者だと思ってたよ。基本的に、私はすべての白人に反抗してた」

しかし、ジョーダンは変わった。

幼少時代の経験から考えると、ジョーダンが人種差別的な考えを持っていたのも頷けるが、ジョーダンは変わったのだ。

「人を嫌うのは簡単なことさ。一部の人たちはいまだに同じことをしてるようだけどね」

暗にスターリンを批判したジョーダン。

ジョーダンがかつて人種差別主義者であったことは重要ではない。

完璧な人間なんてどこにもいないのだ。

だが、物事を良くするために学ぶことが必要だろう。

ジョーダンはそれをやってのけた。

ジョーダンの言葉を聞き、スターリンは今頃何を考えているのだろうか。

M・ジョーダン ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA