スタン・バン・ガンディがピストンズと正式契約

【スポンサーリンク】

スタン・バン・ガンディ

デトロイト・ピストンズとヘッドコーチ及びバスケットボール部門社長で契約が内定していたスタン・バン・ガンディだが、日本時間15日に正式に契約を交わした。

ヘッドコーチとバスケットボール部門社長という二足のわらじを履くことになったバン・ガンディにとって、大きな課題となるのが仕事の両立だろう。

ヘッドコーチとバスケットボール部門社長を兼任することで、バランスが取れなくなってしまう恐れがある。

バン・ガンディは多くの権限を手にするため、今後ロスター改革が活発になるかもしれない。

フロントオフィスの問題が叫ばれていたピストンズだけに、バン・ガンディにはハードワーク、そしてチームの建て直しを期待したいところだ。

ピストンズ 2013-14ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA