サージ・イバカ 左ふくらはぎ負傷でプレイオフ絶望!

【スポンサーリンク】

サージ・イバカ

オクラホマシティ・サンダーのサージ・イバカが左ふくらはぎを負傷し、プレイオフ絶望になったと報じられた。

日本時間16日に行われた対ロサンゼルスクリッパーズとのシリーズ第6戦の第3Q、イバカはふくらはぎを負傷。

夜にMRI検査を受け、今後のプレイオフに出場できないことが明らかになった。

今年のNBAプレイオフ13試合でイバカは平均12.2得点、7.3リバウンド、2.2ブロック、FG成功率61.6%を記録。
レギュラーシーズンではキャリアハイの平均15.1得点、8.8リバウンド、合計219ブロックを記録していた。
なお、4シーズン連続でNBAトップのブロクショット数をマークしている。

サンダーのサム・プレスティは、イバカについて次のようにコメント。

「サージのことは本当に残念だ。彼がどれだけチームメイトとプレイしたいか知ってるしね。だが、次のシリーズへの準備をし、集中していかなければならない。すべてのチームと同じように、我々のチームにもチャレンジの時が来たんだ」

なお、ロサンゼルス・クリッパーズを下してカンファレンス・ファイナル進出を決めたサンダーは、日本時間20日にサンアントニオ・スパーズとNBAファイナル進出をかけて戦う。

S・イバカ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    私が指摘するのもなんですが…レギュラーシーズンの1試合平均ブロックが219というえげつない数のブロック数になってます…(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございます。

      合計が抜けてましたね。修正しております。
      ありがとうございましたm(_ _)m

*

CAPTCHA