ジャズの新ヘッドコーチにクイン・スナイダーが就任

【スポンサーリンク】

クイン・スナイダー

ユタ・ジャズの新ヘッドコーチにクイン・スナイダーが就任したと発表された。

8年前にミズーリ大学のヘッドコーチを解雇され、その後はコート外で派手なパーティーに参加するなど、スナイダーのイメージはどん底まで落ちていた。

だが、スナイダーはゆっくり、そして確実に自らを立て直したのだ。

Dリーグや海外でヘッドコーチを、NBAではアシスタントコーチを歴任し、経験と信頼を積み重ねていったスナイダーは、2013-14シーズンにアトランタ・ホークスのアシスタントコーチに就任。

その働きにはジャズも注目しており、今回の契約に至ったようだ。

再建段階にあるジャズだが、ロスターにはデリック・フェイバース、イネス・カンター、トレイ・バーク、アレック・バークスら将来有望な若手選手が揃っている。

だが、完璧なロスターとは言い難い。

今後、スナイダーはロスター改革を実施すると見られている。

フェニックス・サンズのようにかつての輝きをジャズは取り戻せるのか?

スナイダー新HCの手腕に期待がかかるところだ。

ジャズ Welcome to 2013-14

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA