クワイ・レナード マジック・ジョンソン以来の最年少ファイナルMVPに

【スポンサーリンク】

クワイ・レナード

ティム・ダンカンがNBAファイナルMVPに輝いた1999年、クワイ・レナードはまだ7歳だった。

そして今、22歳のレナードはダンカンとともにサンアントニオ・スパーズでプレイし、今季のNBAタイトル獲得に大きく貢献。
ほぼ満場一致でのMVPといっても良いだろう。

「俺が7歳のとき、NBAファイナルは見てなかったと思う。まだ子供だったから、外で遊んだり走ってたりしてたんだろうね」

MVPを受賞したレナードは、そう話す。

マイアミ・ヒートとのNBAファイナル第5戦、レナードは22得点、10リバウンドを記録。
3試合連続で20得点以上を記録し、ファイナルMVPに輝いたレナードだが、22歳という若さでNBAファイナルMVPを受賞するのは、1980年のマジック・ジョンソン以来となる。

NBA3年目のレナードは、もはやスパーズには欠かせない存在だ。

このプレイオフではレブロン・ジェイムスに対するディフェンスが期待されていたが、その期待を良い意味で裏切り、レナードはオフェンスでも見事なパフォーマンスを披露した。

ダンカン、トニー・パーカー、マヌ・ジノビリが現役を退いた後、スパーズのエンジンとなるのは間違いなくレナードだろう。

レナードのサクセスストーリーはこれからも続いていくはずだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あぶさん

    レナードおめでとう! これで今後もスパーズはまだまだ強くなりそう。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ダンカンの去就に注目ですよね!

*

CAPTCHA