ブルズ 2選手とドラフト指名権2つでケビン・ラブ獲得か?

【スポンサーリンク】

ケビン・ラブ

トレードが噂されているミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ラブだが、移籍先候補としてシカゴ・ブルズ、ボストン・セルティックス、ゴールデンステイト・ウォリアーズが挙がっている。

このうちウォリアーズがラブ獲得を断念したと報じられた。

有力候補のひとつに挙がっているブルズだが、情報筋によるとラブ獲得のためにタージ・ギブソン、トニー・スネル、ドラフト16位指名権、19位指名権を用意しているという。

ディフェンスに定評があり、成長過程にあるギブソンは、ウルブズにとって大きな戦力になるだろう。

また、ドラフトで新たな有望選手を獲得し、チーム再建を図ることもできる。

だが、ウルブズはラブをキープすることも可能だ。

ラブとともに来季を素晴らしいシーズンにすることができれば、そのまま残留という希望も見えてくるのだ。

一方で、もしウルブズがラブの契約問題を長引かせたくないならば、ブルズの提案は悪いものではないのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA