【スポンサーリンク】

クリッパーズ ジャマール・クロフォードをトレードか!?

ジャマール・クロフォード

ロサンゼルス・クリッパーズは、このオフにルオル・デンかポール・ピアースの獲得に動くと噂されている。

ピアースは恩師ドック・リバースHCの下で再びプレイできるなら、サラリーカットも厭わないだろう。

一方のデンは、サラリーカットを受け入れず、より大きな契約を希望するだろう。

ただ、クリッパーズにはこれらの選手を獲得できるだけのキャップスペースがない。

そこで浮上したのが、2013-14シーズンのシックスマン・オブ・ザ・イヤーに輝いたジャマール・クロフォードのトレードだ。

情報筋によると、FA選手獲得に向けてすでにクリッパーズ上層部ではクロフォードのトレードが議題に挙がっているという。

なお、レジー・ブロックやクリス・ウィルコックス、マット・バーンズについてもトレードの対処となる可能性があると噂されている。

しかし、クロフォードの活躍をみれば、トレードされる可能性は低いのではないだろうか。

クロフォードは2015年の7月まで延長契約にサインすることができない。

つまり、次に延長契約するときにクロフォードは36歳になっているのだ。

このオフにトレードで放出されないにしても、2014-15シーズンも高いパフォーマンスを見せなければ、クロフォードのトレードは現実味を帯びてくるかもしれない。

J・クロフォード ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA